【豪ドルについて考えてみよう~~その2】浦井麻美

2018/04/09
世界の外貨準備における豪ドルの割合だよ

オーストラリアドルの続きだよ~~。


最初に豪ドルの市場規模を見ていこうね。
日本人にとっては馴染みのある豪ドルだけど

世界的に見て、どの程度の位置なんだろうね~。


現在、外国為替市場では1日辺り約500兆円(ワオ)
これって日本の経済規模と同じ位の取引があるって

言われてるんだよね~。
その中でも特に活発に取引されるベスト3の組み合わせは

 

1位:ユーロ/米ドル
2位:米ドル/日本円
3位:英ポンド/米ドル
と、上位3位で全体の約50%を占めちゃうんだよ。


また世界の中心はアメリカなわけだから
米ドル関係の取引が、なんと世界の9割弱を占めちゃってます。


​じゃあ、日本人の取引である「豪ドル/日本円」は
​外国為替の取引の中でどの程度のシェアか?というと
なんと0.6%しかなく、
世界的に見るとややマイナーな組み合わせとも言えるんです。

 

一方で日本国内の取引に限って見ると、

1位:米ドル/日本円  76.7%
2位:英ポンド/日本円   7.4%
3位:ユーロ/米ドル      4.6%
4位:ユーロ/日本円      4.6%
5位:豪ドル/日本円      3.6%

となってて、
米ドルと日本円の取引が
圧倒的シェアになっている一方で
豪ドルの取引シェアも一定の順位を
占めている事が分かるよね~。


次回は今日の外国為替取引の中で
オーストラリアドルが占める割合を​踏まえた上で
オーストラリアという国がどうなってるのか
見て見るよ~~!


​頑張って1000万円を貯金したり資産運用したりする時に
表面金利に囚われないで~~って
伝えた意味を次回は見て見るからね~~♬