【マイナス金利を知っちゃおう~③】浦井麻美

2017/07/12
犬

 

マイナス金利の続きだよん♪

 

 

今回は

「なんで銀行は日銀の当座預金にお金を置いているの?」

「しかも一部はマイナス金利で利息を払うっていうのに・・・」

「銀行の行き場のなくなったお金はどこに行ってるの?」

この辺のお話しをしちゃうからね~~

 

 

日銀の当座預金には現在合計で

約344兆円ものお金が預金されていて

今もなお、マイナス金利の中、増加中なんだよ~~。

 

 

これがどんくらいの規模かと言うと

日本の経済規模(国内総生産=GDP)は

現在、約546兆円だから

その60%程度の金額に匹敵するんだよ~。

当座預金の規模はGDPの6割に匹敵ってことね!

 

 

アッハッハ~~~!

政府は国民の金融資産が

タンス預金を含めて預貯金になってるのを

もっと投資に使ってほしくて、

NISAやジュニアNISAやiDeCoなんかに

躍起になって持っていこうとしてるのに

銀行のお金の60%が日銀の当座預金に

逃げてきてるんだからね。。。

 

 

ちなみにさー、2006年頃の日銀の当座預金は

10兆円程度しかなかったんだよね~。

そこから、2013年に107兆円、

2015年に253兆円と

ここ数年で激増しちゃってるんだよ!

なんでこんな事になってるんだろうね~~?

 

 

以前、麻生財務大臣が講演で

こんなお話をされたみたいだよ。

 

 

「銀行って聞こえはいいですけど、

金貸しをやっているんですから。

金を借りる人がいてくれない限りは

あの職業は成り立たないんだから」

 

 

アッハッハ~~~!

正にその通り。

お金を集めたのはいいけど、

貸す先がないんだよね!

 

 

これこそがあっちの銀行もこっちの銀行も

日銀の当座預金に巨額のお金を

預けている理由なんだよ。

 

 

だから日銀は当座預金の一部を

マイナス金利にして、

銀行がどこかにお金を貸す先を

探す様に促しているんだよ。

 

 

例えば、住宅ローンや教育ローンや

中小企業の設備投資資金だったりね!

 

 

少しでも経済が良くなれば!

って思ったことだけどさ

なかなか貸付先が見当たらないワケよ~~。

 

 

最近さー、

「アパート建設への融資が増加」なんていう

ニュースをよく見かける事、あるよねー?

 

 

新規の貸出先がなかなか見つからない中で

アパート建設は銀行にとっては

土地の担保が取れるから安心!

 

 

となれば、銀行はみんな血眼になって

数少ない「有望貸出先」として

アパート建設に融資しているみたいだよね。

ま、地方銀行が中心みたいだけどね!

 

 

ここでもニワトリが先か?卵が先か?じゃないけど

「アパート建設する人が多いから融資している」

というよりも、

「融資したいからアパート建設を勧めている!」

的な印象も受けるけどね~~~。

いつか来た道になっちゃったりしてね。。。

 

 

ところでさー、このマイナス金利って

私たちの預金や住宅ローンなどにも

適用されるのかなぁ。。。?

 

 

次回はそのあたりをお話ししちゃおっかな~♬ 

 

 

株式会社ブルーフォース

住所    〒150-0012
       東京都渋谷区広尾5-15-2-503
電話     03-6427-9636
携帯電話   090-7907-1972

営業時間  予約制
定休日  土・日・祝祭日
当社facebookページはこちら
http://on.fb.me/1UWd7vR