【外貨建て金融商品のポイントだよ~~♫】

2015/06/05

 

今日は外貨建て金融商品について考えてみるよ~~♫

ドルに対して円安になっちゃったから他の通貨を

考えてる人とかもいると思うからさー♫

 

 

判りやすく「豪ドル(オーストラリア・ドル)」を見てみようね~。

 

 

銀行に行って窓口で

「あのーー、今月末に満期になるお金があるんですけど、良いのありますかー?」

って窓口のお姉さんに伝えると

「今でも人気があるのがこの豪ドルの商品です。

利回りも圧倒的に高いので人気商品です」

なんて言われちゃうと、

「あーー、本当だ!これにします」

なーんて事になっちゃうんです!!

 

 

実際、2008年に7.25%だった政策金利がどんどん下がって

2014年には2.5%、そして今年に入って2回も利下げして今は2%!

日本の政策金利0.1%と比べると20倍だよね!

 

 

オーストラリアは鉄鉱石を中心とした資源を輸出して成り立ってる

資源国なんだよね~。

その輸出先の最大の相手国が「中国」

ちなみに、(1)中国26.1% (2)日本16.84% (3)韓国7.5%

 

 

その中国の経済がずっと低迷し続けて今年に入って

2回も利下げしてるんだよね!

だからインフラ投資やビル建設とかしないわけよ~!

だから鉄鉱石とかの資源を前ほど輸入できなくなったわけよ~!

 

 

しつこく繰り返すけど、

為替相場って金利と密接な関係があります。

経済の教科書的にいうと、景気が良くてインフレ抑制のために

金利を上げる国の通貨は強く(高く)なります。

逆にいえば景気が悪くてデフレの時は、お金を貸出やすくするために

金利を引き下げてる国の通貨は弱く(安く)なります。

 

 

今、豪ドル建て商品を買うとすると、将来、売る時(円に戻す時)

豪ドル高・円安になる必要があるよね!

そうしないと利益が出ないからね!!

 

 

すなわちオーストラリアが好景気になってインフレ抑制のために

金利を引き上げなければ豪ドル高・円安にはならないんだよね!

もちろん為替相場には色んなポジションや需要があるから

複雑に絡み合ってるんだけど、基本はこうだからね!

 

 

だから外貨建て商品をやる時は、目で見る金利の高さで

やっちゃダメ~~~~~!!

将来、その国の経済状態が好転するのか?後退するのか?

を自分で調べて考えてね~~♫

 

 

株式会社ブルーフォース

住所    〒150-0012
       東京都渋谷区広尾5-15-2-503
電話     03-6427-9636
携帯電話   090-7907-1972

営業時間  予約制
定休日  土・日・祝祭日
当社facebookページはこちら
http://on.fb.me/1UWd7vR